六甲・赤子谷~座頭谷

2022年4月30日

参加者:男7名 女5名 計12名

コースタイム:JR生瀬駅9:00~9:39西宝橋~(赤子谷左俣)~10:28ゴルジェ入口~11:29鉄塔(昼食)~13:12大平山~14:06ハニー農園~(座頭谷)~15:41しるべ岩バス停~16:00JR生瀬駅

生瀬の住宅街から鶏小屋の横を抜けて西宝橋へ。ここから壊れそうな木組の橋を渡って赤子谷左俣へ入った。渡渉や堰堤の高巻を越えながら登る。滑り易い所にはロープが張ってありさほど危険はない。

赤子滝の前で
ここからこの谷の核心部ゴルジェに入る。昨日の雨で少し水かさが多く滑り易かったが三点支持を心がけ沢をどんどん詰めていった。岩倉山への急登は笹薮が見えてきたら終わり鉄塔に到着し、昼食にした。

ゴルジェとは狭く切り立った岸壁に挟まれた谷のこと。赤子谷では何と言ってもここが圧巻で多少危険な所もあるが他では味わえない醍醐味がある。

ハニー農園を過ぎて花崗岩が織りなす奇岩が屏風のようにそそり立つ座頭谷に出た。昔有馬に向かっていた座頭が道に迷ってこの荒れ地の谷に迷い込んで遭難したことに由来して座頭谷と呼ばれているそうだ。崩落がビックリするくらい進んでいてV字の切れ目がU字になっていた。
花崗岩の岩は崩落が進んでいたのにびっくり
ガラバの突き当りの堰堤から右に折れて樹林の中をしばらく進むとしるべ岩バス停近くの太多田川に架かる橋に出て山は終わり。後は車道を生瀬駅まで歩いた。

Comments are closed.