金勝アルプス 秋の空

2022年10月19日(水) 快晴

<参加者> 男性 6名  女性 9名  計15名

<コース> 神戸7:30~草津9:00~上桐生登山口9:35~10:15落ケ滝~11:35天狗岩~13:10 竜王山~15:00上桐生登山口

琵琶湖東岸の金勝(こんぜ)アルプス*を周回。幾つもの沢、清々しい滝、生い茂るシダ、面白い巨岩や奇岩、奈良・平安の 摩壁仏(まがりぶつ:自然の岩壁等に彫られた仏像)などがあり、バラエティに富んだ登山道でした。そして、なんといっても 雲一つない秋の空、 心地よい風が吹く巨岩の上から望む 近江一帯の美しい景色。初秋を満喫した山行でした。( *近江湖南アルプスとも言う)

出発時の集合写真(全員。但し、1名は左指のみ)
落ケ滝の岩のステージにて
岩登りも楽しい
あちこちにシダの茂る道
何度か大きな岩盤を横切る
右にある岩の隙から入って通り抜けられます。(奥は崖、危険!)
足取り軽く天狗岩(写真右上)へ
再び登り
天狗岩への最後の岩登り(ほぼ垂直)

天狗岩から西方を望む。琵琶湖の向こうに比叡山(左側)と比良山系(右側)
北方には、おにぎりのような三上山(左手前)、中央奥に伊吹山
東隣は、いわゆる「像のお尻」
天狗岩、全員集合!
耳岩をよじ登る
(反対側からの方が登りやすかった)
耳岩のてっぺんで(ご安全に!)
耳岩より天狗岩を望む
第1班、記念撮影(落ち着いて)
第2班、記念撮影(ノリノリで)
今にも落ちてきそうな「重岩」。下の岩には線彫りの仏像(室町期頃)
粛々と下山
狛坂磨壁仏(奈良後期~平安初期)。高さ7mと大きい。
「逆さ観音」は案内板の向こう側。
ダム用の石採掘の際に転倒したとか。(地震説も)

涼しい気候と歩きやすい登山道により、いつになくハイペースの山行でした。おかげで予定していた帰りのバスに余裕をもって間に合うことが出来ました。大岩の上り下りがありましたが、注意して”無理な挑戦”をしなければ危険はないと思います。 リーダー、サブリーダーを始め、参加者の皆さんお疲れさまでした。

Comments are closed.