六甲・赤子谷~座頭谷

日時:2021年5月23日(日)晴れ

参加者:男8名 女13名 計21名

コースタイム:JR生瀬駅9:00~9:42西宝橋~赤子谷左俣~12:27譲葉山~13:01大谷乗越~14:27ハニー農園~(座頭谷)~15:57しるべ岩バス停~16:30生瀬駅

雨が一週間以上も続いていたので水量が心配だったが案ずるより産むがやすし。水量は多少多かったが久しぶりの青空に後押しされ渡渉すら楽しめた。岸壁が迫るゴルジュにため息し、流れ落ちるしぶきさえ何のその、と沢を登る。水の流れも途絶え尾根が見えたときは谷歩きに物足りなさすら感じた。鉄塔の所で昼食と救急薬の講義。縦走路を逆に歩くと塩尾寺方面へ向かう何組ものハイカーに出会う。ハニー農園から急坂を下り座頭谷に入り、映画のロケ地としてしばしば使われた蓬莱峡に。破砕された花崗岩が風化して鋸歯状の鋭い岩峰の峡谷は殺伐とした異様な景観を呈している。手で簡単に崩れるような脆い岩の間を抜けるときは西部劇にでも出ているようでワクワク。座頭谷川に沿って広い河原を歩きしるべ岩近くで谷から上がり山歩きは終わり。充実した一日にみんな大満足。

赤子谷の入口・西宝橋でまずは集合写真

西宝橋で準備体操

赤子谷の滝

この滝を越えるのかな

ゴルジュの始まり

ゴルジュを通過中

両岸が狭く迫っています

最大の難所です

水量が多いですね

滑りやすそう~

座頭谷

蓬莱峡

狭い岩の間を通り抜けます

ここ日本(?)〇〇キャニオン(?)

 

滑りそ~

ロープがあれば安心

素晴らしい景色です

蓬莱峡を後にして

芸術的な石組の堰堤

太多田川に架かる橋の上で

昼食後の救急薬のレクチャー

. . . → Read More: 六甲・赤子谷~座頭谷

6月の予定

1 火 2 水 3 木 4 金 ハイキング部会 5 土 6 ㊐ ゴミ一掃・夏山教室実技Ⅲ古寺山 7 月 山行部会 8 火 9 水 10 木 11 金 12 土 摩耶山シリーズ(13) 13 ㊐ 夏山教室実技Ⅳ荒地山  バードウォッチング 14 月 15 火 16 水 17 木 18 金 19 土 20 ㊐ 第55回定期総会(運営委員会・安全委員会) 21 月 22 火 会津駒ヶ岳・中門岳・浅草岳・守門岳~6/25 23 水 . . . → Read More: 6月の予定

夏山登山教室(実技① 摩耶山)

日時:2021年5月16日(日)雨のち曇り

参加者:男7名 女18名 計25名

コースタイム:新神戸駅9:00=(公園で座学)9:40=10:25市ケ原=11:10見晴台(昼食)11:45=12:10城山・滝山城址=13:00太竜寺13:20解散

~13:55鍋蓋山~15:14小菊水分岐=15:30下山

夏山登山教室実技第1回目は25名の参加があったが期せずして梅雨入りの日に重なってしまい、公園での座学が終わるころにポツリ。市ケ原に着くころには本降りになってしまい残念ながら市ケ原からUターン。雨も何とか上がったので見晴台まで戻って昼食。ここで一応解散。7名が新神戸駅へ戻った。残りの者はかずら橋から城山経由して太竜寺迄歩いてコーヒータイム。8名がここから猩々池経由で諏訪山公園まで下山。残りは鍋蓋山経由で菊水山まで行って下山。市ケ原でもう少し待っていたら雨が上がったので後悔が残った。

新神戸駅すぐ上の公園でレクチャー

ダメ出しレクチャー

合羽を着てさあ出発

市ケ原・ずぶ濡れの中ここでUターン

かずら橋から城山へ

城山山頂にて

1班・一人抜けました

2班・4人になってしまいました

3班・2人抜けました

鍋蓋山頂

鍋蓋山頂から明石大橋方面

. . . → Read More: 夏山登山教室(実技① 摩耶山)

カヤマチ山

2021年5月9日(日)晴れ

参加者:男:6名 女9名 計15名

コースタイム:道の駅R427 かみ9:30=10:10林道奥駐車場~葛野峠~11:41カヤマチ山12:18~726ポイント~13:52カヤマチ山14:22~葛野峠~15:12駐車場

丹波の変わった名前の山がシャクナゲの群生地と知って行ってみた。青垣町大名草の林道奥の駐車場までの道が恐ろしいガタガタ道で悪戦苦闘。そしてこれが次の悪戦苦闘の序曲でもあった。駐車場から続く渓谷沿いの道はイバラの密集地。引っ張られ、引っかかれながら微かな踏み跡とテープを頼りに杉林の急な斜面を登る。やっとたどり着いた山頂は全く展望なし。昼食を済ませお目当ての石楠花群生地へ。シャクナゲポイントが近づいて木は現れたが花の気配はない。あきらめかけたらチラホラ。満開とはいかなかったがこっちにも、あっちにもと、ピンクの花が誘ってくれた。それにしてもここの木はどれもが大きい。満開時にはさぞかし見事だろう。帰路は峠まで戻り登りよりましなトラバース道で下山。マイナーな山なのか私たちだけの静かな登山を楽しめた。下山してから分かったが早くも山ヒルの洗礼を受けた人がいた。いろいろな虫対策が必要な時期になったようだ。

こんな登り口から

杉の木の間を登ります

結構な急登です

TAMBA100アドベンチャートレイルの白い旗

展望のない山頂で昼食

ポイント726辺りから花が出てきました

満開というわけではなかったけれど

次々と

ピンク色があでやかに

花をバックに

前の人デカすぎ

帰り道は何とか道らしい道を

そして駐車場に戻ってl来ました

. . . → Read More: カヤマチ山

笠形山

日時:2021年5月2日(日)曇り微雨

参加者:男4名 女8名 計12名

コースタイム:笠形神社大鳥居駐車場10:10~11:15笠形神社~11:49笠の丸~12:30笠形山~13:04笠の丸~14:13仙人滝~14:56加瀬~15:20大鳥居駐車場

今回は笠形神社コース。朝はきれいな青空が覗いていたが登るにつれ黒い雲が。笠形神社に着いたらついに雨が落ちてきた。立派な彫刻の施された神社に参拝し、合羽を着たりザックカバーを掛けたりと身支度をして笠の丸への急な階段を登る。雨はすぐに上がったが登れど登れど続く階段に閉口。笠の丸では満開のミツバツツジが出迎えてくれた。昼食後馬酔木のじゅうたん道を笠形山山頂へ。ちょっとガスっていて眺望は期待外れだったがアカヤシオに癒される。鹿ヶ原周辺は馬酔木の新芽が色とりどり花が咲いたようだった。大岩の蓬莱岩に立ち寄って仙人滝へ。山道は何処も手入れが行き届いて歩き易く雨もパラパラ程度で楽しいハイキングとなった。

笠形神社駐車場にて

クリンソウが咲いていました

神社が見えてきました

本殿の前で

立派な夫婦杉

姫路城の西心柱御神木を採った跡

笠の丸への長~い階段

笠の丸へ着きました

939m ・少しガスっていました

アカヤシオが咲いていました

ツツジ、馬酔木・色彩の競演です

鹿ヶ原の入口奥のベンチで一休み

蓬莱岩の上で

仙人の滝

. . . → Read More: 笠形山