六甲・赤子谷~座頭谷

日時:2021年5月23日(日)晴れ

参加者:男8名 女13名 計21名

コースタイム:JR生瀬駅9:00~9:42西宝橋~赤子谷左俣~12:27譲葉山~13:01大谷乗越~14:27ハニー農園~(座頭谷)~15:57しるべ岩バス停~16:30生瀬駅

雨が一週間以上も続いていたので水量が心配だったが案ずるより産むがやすし。水量は多少多かったが久しぶりの青空に後押しされ渡渉すら楽しめた。岸壁が迫るゴルジュにため息し、流れ落ちるしぶきさえ何のその、と沢を登る。水の流れも途絶え尾根が見えたときは谷歩きに物足りなさすら感じた。鉄塔の所で昼食と救急薬の講義。縦走路を逆に歩くと塩尾寺方面へ向かう何組ものハイカーに出会う。ハニー農園から急坂を下り座頭谷に入り、映画のロケ地としてしばしば使われた蓬莱峡に。破砕された花崗岩が風化して鋸歯状の鋭い岩峰の峡谷は殺伐とした異様な景観を呈している。手で簡単に崩れるような脆い岩の間を抜けるときは西部劇にでも出ているようでワクワク。座頭谷川に沿って広い河原を歩きしるべ岩近くで谷から上がり山歩きは終わり。充実した一日にみんな大満足。

赤子谷の入口・西宝橋で準備体操

赤子谷の入口・西宝橋でまずは集合写真

西宝橋で準備体操

西宝橋で準備体操

赤子谷の滝

赤子谷の滝

この滝を越えるのかな

この滝を越えるのかな

ゴルジェの始まり

ゴルジュの始まり

ゴルジェを通過中

ゴルジュを通過中

両岸が狭く迫っています

両岸が狭く迫っています

RIMG6802[1]

最大の難所です

最大の難所です

水量が多いですね

水量が多いですね

DSCF2185[1] DSCF2195[1]

滑りやすそう~

滑りやすそう~

座頭谷

座頭谷

蓬莱岩

蓬莱峡

狭い岩の間を通り抜けます

狭い岩の間を通り抜けます

ここ日本(?)

ここ日本(?)〇〇キャニオン(?)

 

RIMG6810[1]

滑りそ~

滑りそ~

ロープがあれば安心

ロープがあれば安心

素晴らしい景色です

素晴らしい景色です

DSCF2208[1] DSCF2205[1]

蓬莱峡を後にして

蓬莱峡を後にして

芸術的な石組の堰堤

芸術的な石組の堰堤

太多田川に架かる橋の上で

太多田川に架かる橋の上で

昼食後の救急薬のレクチャー

昼食後の救急薬のレクチャー

満開のタニウツギ

満開のタニウツギ

Comments are closed.