穂高縦走 前穂高岳~奥穂高岳

日時:7月16日(金)~7月19日(月)

参加者:女3名 計3名

コースタイム:1日目新神戸6:10=名古屋=松本=新島々=12:35上高地13:17~登山口15:20~天然クーラー(風穴)16:04~17:45岳沢小屋

2日目:岳沢小屋5:40~重太郎新道(7:16カモシカの立場7:25~9:07雷鳥広場9:17)~9:54紀美子平10:10~11:00前穂高岳11:25~12:10紀美子平12:30~吊尾根~15:40奥穂高岳15:55~16:55穂高岳山荘

3日目:穂高岳山荘6:07~ザイテングラート~9:00涸沢小屋9:18~11:09本谷橋11:25~12:35横尾山荘13:15~14:16徳沢14:35~15:30明神館15:40~16:30バスターミナル16:40=新島々=松本(ホテル)

4日目:松本(ホテル)8:38=名古屋=新神戸12:10

女性3人で岩稜縦走に行ってきた。17日に梅雨明けし、4日とも素晴らしい天気に恵まれた。第1日目は上高地から登山口まで間違って明神橋のほうまで行ってしまい、時間を食ってしまったが、登山口からは順調に岳沢小屋まで大汗をかきながら登った。

第2日目は段差の大きい岩の道重太郎新道を登る。やっと着いた紀美子平には大勢の人がいてほっとした。ザックを置いて前穂に登る。3点支持を守りながら慎重に慎重に。頂上には素晴らしい景色が待っていた。下りのほうが怖かったが無事紀美子平まで下りることができ、さらにそこから吊尾根という岩稜尾根を行った。緊張の連続だ。奥穂にはまた人がたくさんいて子どもまで。狭い頂上の神社に3人で上り記念写真。あとは穂高岳山荘に下りるだけだと思いきや、小屋が下に見えているのにまたまた緊張の岩の下りだった。

第3日目はところどころ雪渓が残っているザイテングラートを慎重に下り、涸沢小屋から上高地までの長い道のりを下りた。すべてを歩き通せ、大満足の3日間だった。

    河童橋

河童橋

天然クーラー(風穴)

天然クーラー(風穴)

  岳沢小屋に到着

岳沢小屋に到着

 重太郎新道の鎖

重太郎新道の鎖

紀美子平に着いたぞ!

紀美子平に着いたぞ!

前穂高岳登頂!

前穂高岳登頂!

向こうに槍が

向こうに槍が

吊尾根を行くのだ

吊尾根を行くのだ

斜面一帯がイワウメだ!

斜面一帯にイワウメ

奥穂高岳登頂!

奥穂高岳登頂!

ザイテングラートを下りた

ザイテングラートを下りた

センジュガンピ?

センジュガンピ?

 

 

 

 

Comments are closed.