シワガラの滝・桂の滝

日時:2021年8月1日(日)

参加者:男1名女6名 計7名

コースタイム:総合運動公園駅7:00=9:50おもしろ昆虫化石館10:00=10:10新温泉町海上小又川渓谷駐車場10:30~11:00シワガラの滝11:45~12:11分岐~13:25桂の滝13:45~分岐~14:55駐車場15:15=18:30総合運動公園駅

小又川渓谷のこの2つの滝は神戸カタツムリの会でも何回か例会が組まれており、大人気の滝である。涼しさと感動を求めて、またやって来た。参加者は新入会員がほとんどで、滝つぼの前では感動の声がしきりだった。分岐から、桂の滝への道が崩れていたりぬかるんでいたりするところが思いのほか多く、トラロープもたくさんあったのには驚きだった。

 

 

さあ、出発します!

さあ、出発します!

五滝はミストシャワーです

五滝はミストシャワー

いよいよ、洞窟の前で

いよいよ、洞窟の前で

シワガラの滝

シワガラの滝

滝の前で

滝の前で

洞窟に流込む滝をバックに

洞窟に流込む滝バックに

壁面に一面のイワカガミ

壁面に一面のイワカガミ

分岐、桂の滝へ

 分岐、桂の滝へ

ぬかるみや崩れた道を超え

ぬかるみ道や崩れた道

桂の滝

桂の滝

 image015

トラロープ、気を付けて!

トラロープ、気を付けて

 

美作/那岐山

日時:2021年7月28日(水)晴れ

参加者:男性1名 女性3名 計4名

コースタイム:神戸7:00=中国道=9:40蛇淵の滝9:50~11:15大神岩11:27~12:15三角点~12:30避難小屋12:53~13:00那岐山山頂~13:19AB分岐13:20~14:13黒滝~15:16蛇淵の滝

美作(岡山県)那岐山に行ってきた。名木山とも奈義山とも書かれていたりする。標高1255mの中国山地の雄峰である。山頂からは360度の素晴らしい展望が見られた。岡山県最高峰の後山ほか山並みが連なっていた。また、蛇淵の滝や黒滝、大神岩などの神仏ポイントも3か所あり、見どころはたくさんで楽しい山だった。

さあ出発です

さあ出発です

蛇渕の滝

蛇渕の滝

大神岩

大神岩

後山と眼下の日名倉山

後山と眼下の日名倉山

山頂で

山頂で

山頂付近のノリウツギ

山頂付近のノリウツギ

黒滝

黒滝の前で

黒滝

黒滝

 

 

夏山教室終了山行 槍ヶ岳

  1. 2021年7月22日(木)~25日(日)天気(晴れ)

参加者 男性 1名   女性 3名

コースタイム:1日目 21:10JR大阪・御堂筋~21:30大阪梅田発

2日目 5:20上高地6:00朝食6:35~7:35明神8:18~9:12徳沢9:27~10:27横尾

11:00~11:42槍見河原(昼食)11:54~12:04一の俣~12:45槍沢ロッジ(泊)

3日目 3:00起床3:40槍沢ロッジ~4:25ババ平~4:56大曲(朝食)5:07~8:58槍ノ肩~槍ヶ岳~槍ノ肩11:25~12:53最後の水場13:00~14:08大曲~14:43ババ平~15:12槍沢ロッジ(泊)

4日目 5:00起床5:19槍沢ロッジ~6:50横尾(朝食)7:16~8:08徳沢8:25~9:06明神9:10~9:58上高地10:40=11:47新島々12:07=12:37松本12:53=15:01名古屋15:10=16:14新神戸

 

23日(金)夜行バスで大阪梅田より上高地に早朝に到着。時間に余裕があり明神池により槍沢ロッジへ。

DSCF2313 DSCF2314 DSCF2318 DSCF2325
幻想的な景色 河童橋より出発 明神池より

24日(土)昨晩雨が降っていたのでどうなるかと思いましたが晴れて槍ヶ岳からの景色も最高(^▽^)/

無事みんなで登頂!!!また、槍ヶ岳山荘に長野県警の救助ヘリにも遭遇。珍しい体験しました。

DSC_4086_copy_800x600 DSC_4099_copy_800x600 DSCF2359 DSCF2333
DSCF2362 DSCF2363 DSCF2350 DSCF2369

お花も綺麗に咲いてます。ロッジのお弁当も美味しく、帰りの日もお願いしました。

25日(日)最終日は徳沢園の🍦をいただき元気に下山出来ました。

DSCF2374 DSCF2329

2021夏山教室修了山行(燕岳)

日 程:7月22日(木)〜24日(土)、晴

参加者:男性3名、女性3名、計6名

コースタイム:

1日目三ノ宮駅8:40=生田川IC=(阪神、名神、中央、長野)=安曇野IC=16:45中房温泉・有明荘(宿泊)

2日目中房温泉登山口5:30〜9:00合戦小屋9:20〜10:50燕山荘10:55〜11:55燕岳12:30〜13:08燕山荘

3日目燕山荘6:30〜7:30大下りの頭7:50〜8:30燕山荘8:55〜9:30合戦小屋9:50〜11:50中房温泉登山口=有明荘(入浴)=一休庵(そば昼食)=安曇野IC=生田川IC=9:10三ノ宮駅

 

中房温泉登山口から合戦尾根を登る。第一、第二、第三、富士見ベンチで十分に休憩(疲れて動きたくなかっただけ)したが、合戦小屋にヘロヘロになって到着。北アルプス三大急登と呼ばれるのに納得する。合戦小屋名物のスイカを食べ(汗で乾いた体には実に美味しい)少し元気を取り戻し先を進む。合戦の頭を過ぎた辺りから、高山植物の花も咲いていた。

合戦尾根を登りきると、正面に北アルプスの絶景が広がり、感動のあまりこれまでの疲れを忘れる。

燕山荘でアタックザックに荷物を詰め替え燕岳に向う。花崗岩のザレた斜面に咲き乱れるコマクサやイルカ岩、メガネ岩などの奇岩の撮影でなかなか先に進めない。燕岳山頂では正面の山並を眺めながら長い談笑。

燕山荘は超人気の山小屋だけあってとても快適。支配人自慢のアルプホルン演奏も聴けて大満足。夕立があったが天気も回復し、夕焼け、星空、朝焼けの素晴らしい景色も満喫できた。

翌日は、雲ひとつない青空の下、表銀座縦走路を槍ヶ岳を眺めながら清々しい稜線歩き。大下りの頭まで行って名残惜しいが折り返す。途中、いろいろな高山植物の花に出会った。

登りはキツかった合戦尾根も下りは楽々、昼前には中房温泉登山口に無事下山。

温泉にのんびり浸かり疲れた体を休め、美味しい蕎麦をお腹一杯食べて、21時頃三ノ宮に到着。

充実過ぎる山行となった。

 

DSC_2629 (002) 18980
合戦小屋名物のスイカ 燕山荘お花畑がお出迎え
DSC00287 DSC00308
合戦尾根を登りきると絶景が 北アルプスの女王燕岳
DSC00305 19156
イルカ岩 コマクサ
DSC00372 DSC00390
真っ赤に染まる空 月の光と槍ヶ岳
DSC00442 DSC00450
日の出と雲海 朝焼けの槍穂
DSC00465 DSC00474
表銀座縦走路 大下りの頭

 

立山縦走

2021年7月」23日(木) 快晴~晴れ

参加者  男性 4名  女性 1名  計 5名

コース  雷鳥荘5:00~室堂5:30~6:30一ノ越山荘6:55~7:55雄山8:40~大汝休憩所9:10~富士ノ折立9:45~10:15真砂岳~11:05別山~11:25別山北峰~12:10剣御前小屋12:30~14:00雷鳥

宿泊した雷鳥荘は、地獄谷を見下ろす所に建っており温泉がある。石鹸も使え、トイレは全てウォシュレット。浴衣を着ている人もいる。たぶん高い部屋には浴衣が付いているのだろう。山小屋ではなくリゾートホテルのようだ。

暑さの関係で午後は入道雲が発生し雨が予想されるため早朝に出発。室堂から一ノ越、岩場の雄山、大汝山、富士ノ折立を通り、真砂岳、別山、剱御前とグルリ一周。午前中は雲もなく視界は良好。雄山からは、笠ヶ岳、槍ヶ岳、燕岳が見え、遠くには富士山も見える。西には白山も見え、三大霊山が全て見える。また、鹿島槍、五竜、唐松、白馬三山グルリ楽しめ大満足。別山から剣御前小屋あたりで少し雲が出てきて視界が悪くなった。やはり夏山は午前中が最高。下山後の温泉ビールにも大満足でした。

RIMG7096

早朝に気持ち良く出発。

RIMG7102

みくりが池と浄土山

RIMG7106

雪渓も残っている

RIMG7109

日の出で景色がクッキリ

RIMG7110

槍ヶ岳などが見える

RIMG7111

岩場の登りが始まる

RIMG7113

大日岳

RIMG7119

雄山の到着

RIMG7120

雄山神社には大勢の参拝客?

RIMG7121

後立山連峰

RIMG7140

雄山、大汝山の稜線

RIMG7141

雷鳥が居ました

RIMG7142

真砂岳頂上

RIMG7144

真砂岳から別山へ

RIMG7147

劔岳は迫力満点

RIMG7157

無事雷鳥荘の到着