夏山修了山行:花の山 霊峰白山

2022夏山登山教室修了山行のひとつは、花の山そして日本三大霊山の白山です。

新型コロナ感染拡大と全国各地での災害級の雨で開催が危ぶまれましたが、大雨の間の晴れ模様で車2台に分乗し白山に向かいました。途中、白山登山の登拝道(越前禅定道)の起点である平泉寺白山神社で安全登山を祈願し、白峰温泉に前泊。翌日、市ノ瀬でシャトルバスに乗り換え、別当出合から砂防新道を登り室堂センター宿泊し、観光新道を下って別当出合に降りてくるコースです。

大雨に見舞われることなく、覚え切れない位の可憐な花々に出合い、御前峰山頂で荘厳な夕焼けを堪能することができました。

日 程:令和4年7月16日(土)~7月18日(祝)

参加人数:男性5人、女性6人、計11名

行 程:

7/16 神戸市内各所=9:30若狭舞鶴道西紀IC(集合)=(中部縦貫道永平寺参道IC下車)=(永平寺・平泉寺白山神社・福井恐竜館を見学)=白峰温泉(宿泊) 

7/17 白峰温泉6:10=6:20市ノ瀬=(バス)=6:50別当出合7:40~中飯場~甚之助避難小屋~12:30黒ボコ岩~13:25白山室堂(自然観察会に参加し、夕食後に御前峰登頂)

7/18 白山室堂7:05~黒ボコ岩~8:30殿ケ池避難小屋8:50~10:05慶松平10:20~11:45別当出合12:40=(バス)=13:00市ノ瀬=(福井市内で入浴)=21:40神戸谷上駅(解散)

別当出合~(砂防新道)~黒ボコ岩

 市ノ瀬からシャトルバスで移動中に大雨が降りだし、別当出合でしばらく雨宿り。ようやく雨も止み、レインウェアに身を包み、大きな鳥居をくぐり、長い吊り橋を渡って砂防新道を進みます。

登山道は整備されて歩きやすく、中飯場、甚之助避難小屋ともトイレが綺麗で安心して歩けます。

甚之助避難小屋を過ぎ、黒ボコ岩までの十二曲がりは視界も開け、しかも可憐な花々が満開🥰で、なかなか先に進みません。

十二曲がりのお花畑

黒ボコ岩~弥陀ケ原~白山室堂

十二曲がりの急坂を花を楽しみながら進むと、大きな黒ボコ岩に到着。

少し疲れましたが、お花畑の感動に気持ちがハイになって、黒ボコ岩によじ登り記念撮影です(危ないですよ)。

黒ボコ岩から先は、弥陀ヶ原の長くて緩やかな木道を通って、宿泊地の室堂センターへ。木道沿いに、コバイケソウの群落とハクサンイチゲやクロユリが見られます。

ハクサンイチゲ
クロユリ

白山室堂~御前峰山頂(白山神社奥宮)

室堂到着時には、ガスッて御前峰が全く見えません。

しかし、夕食中に晴れ間が見えてきたので、山頂からの夕日を眺めるために、奥宮祈祷殿の裏から整備された自然観察路を通りハイマツの隙間を縫うように山頂を目指します。

御神体の白山(御前峰)と白山神社奥宮祈祷殿

白山室堂~(観光新道・越前禅定道)~別当出合

 御来光の1時間前、奥宮の宮司さんが鳴らす太鼓を合図に御前峰を目指して登り始め、頂上で宮司さんの音頭により万歳三唱をし、御来光を祝うのが、恒例行事。

しかし、この日は太鼓は鳴らず。
計画では、山頂で御来光を眺め、翠ケ池や千蛇ケ池などのお池巡りをして室堂センターに戻って朝食をするはずでしたが、今朝は朝食の6時まで朝寝坊。
昨日ピークハントしてるので、計画変更して、室堂から直接下山する ことに。

霧の中、弥陀ケ原の木道を通り、黒ボコ岩の分岐を観光新道(越前禅定道)を直進します。殿ケ池避難小屋までの登山道(真砂坂周辺)は、ニッコウキスゲとイブキトラノオの大群落。こんなに真近に見たのは初めて😍
でも小雨でゆっくり鑑賞できず、先を急ぎます(残念)
途中、小さな雪渓も渡ります。

別当出合への分岐、慶松平まで来るとようやく小雨も上がりました。

慶松平から別当出合は、雨で滑る荒れた急坂を下ります。(今回の山行で一番の難所です)。しかも2日間の歩行で、膝と太ももがパンパンで、降りるのが辛い。

アジサイやノリウツギが見え始めると登山道も緩やかになり、別当出合ももうすぐです。

別当出合に、無事下山。

女性陣は、余裕の下山のようで、吊り橋で楽しかった山行を振り返り祈念撮影。(私は、脚腰が限界で全く動けません)

またこの時期に来て(天気の良い時に)、満開の花々と山容、御来光を見に来たいです。

花の山 白山 最高です。

夏山修了山行 燕岳・常念岳

日時:7月15日~18日

参加者:女性 5名

1日目:17日(土)晴れのち雨 8:33燕岳登山口~11:20合戦小屋11:54~13:03燕山荘

2日目:17日(日)晴れ時々雨 5:43燕山荘~9:23大天荘~9:33大天井岳~11:20東天井岳~13:27常念小屋~14:52常念岳~16:09常念小屋

3日目:18日(月)晴れ5:50常念小屋~9:29一ノ沢登山口

DAY1 心配していたお天気でしたがスッキリと晴れて女子だけでの楽しい山行がスタート!!!合戦小屋では美味しいスイカを食べ燕山荘では素敵な景色に感動😊残念だったのが燕岳を目指す途中で雨に降られ断念・・・でも、イルカに会えたのでまあ良しということで😊時間が余ったので小屋でストレッチとご褒美のコーヒータイムでまったり(*´ω`)

 絶景に感動の涙が・・・
イルカちゃんに会えた~
 ストレッチの時間

DAY2 燕山荘より大天井岳、常念岳にスタート。コマクサの群生に綺麗な稜線に楽しく登山できました。途中で長野県警のイケメンレスキュー隊のも遭遇。嬉しくて思わずご一緒に写真撮影😊カッコイイ😊熊が出没との情報を頂き常念小屋目指してファイト!!!熊発見しました。情報を聞いていたので安心して歩行できました。常念小屋到着後は疲れていましたが座ると余計に動けないと思い荷物をデポして常念岳登頂!雷鳥の親子にも遭遇することもできました。

DAY3 とうとう最終日。しっかりと朝食も食べ下山。下山途中で虫に刺され少しテンションダウンしたけど無事終了。温泉にも入って3日分の垢を落としてスッキリ!!!いいチームワークで楽しく安全な登山となりました。

夏山修了山行:常念岳・蝶ヶ岳

日時:2022年7月15日~7月17日

参加者:男4名 女5名 計9名

コースタイム:

7/16 (土)曇り時々晴れ・一の沢登山口8:00~9:22大滝~10:37笠原沢~11:31胸突八丁~12:10最終水場~13:20常念乗越~13:26常念小屋(泊)

7/17(日)曇り時々晴れ・常念小屋5:30~7:08常念岳~11:50蝶槍~12:34蝶ヶ岳分岐~15:36横尾山荘(泊)

7/18(月)曇り時々晴れ・横尾山荘6:33~8:45徳沢園~10:10明神~11:49河童橋~12:07上高地BT

The First Day :一の沢登山口から沢に沿って石の間を縫って登り、笹が生い茂るブナの林を抜けて、丸太の橋を渡ったり、広い河原でまたまた丸太の橋を渡り、濡れて滑りやすい木の段々を。最終水場で冷たい水でのどを潤し、何連も続く木梯子を登ると空が開けて常念乗越に到着。

笠原沢で一休み
乗越到着
振り向くと常念山脈の稜線と大天井岳が
常念岳2857m山頂
槍の穂先が覗きました
大キレットから南岳、中岳、大喰岳から槍ヶ岳への絶景にただただ見入るばかり
なんと、可愛らしいヒナたちが、、みんな元気で大きくなってね
蝶槍にて
河童橋にて

山での応急手当の1日講習

日時 7月10日(日)

参加者:男性 2名 女性 7名 一般参加 2名

王子スポーツセンター体育館2階 柔道所10時より16時まで講習会

兵庫における事故事例に寸劇で学ぶ夏山での転落事故 ヘリによる救助の体験談

三角巾を用いた応急手当の練習、簡易チェストハーネスの作り方等々豊富な講習会でした。

寸劇ではカタツムリの会からHさんが参加されていました。ご苦労様です。

労山の講習会が色々と企画されていますので興味のある講座に参加してみてはどうですか。

簡易チェストハーネスの作り方

心肺蘇生 胸骨圧迫なかなか難しいです
三角巾での応急手当の講習
三角巾での足首捻挫時の結び方 

夏山登山教室Ⅵ・東おたふく山~有馬

日時:2022年7月10日日(雨のち曇り時々晴れ)

参加者・男7名 女12名 計19名

コースタイム:阪急芦屋川9:00~山芦屋公園9:27~9:50高座の滝~10:50風吹き岩~11:58雨ヶ峠~12:50東おたふく山13:25~13:36土樋割峠~14:30一軒茶屋14:50~16:02有馬稲荷神社

夏山登山教室実技最後は今にも雨が降りそうな空模様。山芦屋公園で準備体操をしていたらパラリ。蒸し暑くてレインを着るのも勇気がいる。歩き出して間もなく雨が止んだので早速レインとはさようなら。こんな日でもこのコースは人が多い、まさに芦屋銀座である。

風吹き岩に到着。1班
続いて2班です
4班です
3班・上まで行くのを回避
土樋割峠で。