夏山登山教室実技② 高御位山

日程:2022年5月22日(日) 晴れ

参加者:男10名、女22名 計32名(うち一般参加者 男2名、女4名 計6名)

コースタイム:9:00鹿嶋神社駐車場9:20~9:40展望台(講習)10:00~百間岩(講習・昼食)12:30~高御位山山頂14:00~(馬の背)~15:40鹿嶋神社駐車場(解散)15:50

第2回目の実技講習は、「岩場の歩き方、ロープワーク訓練」をテーマに高砂市の高御位山(播磨アルプス)での講習です。

総勢31名の参加者を5班に分けて、鹿嶋神社から百間岩を経て高御位山山頂で折り返し、馬の背を鹿嶋神社に下るというコースです。5月下旬にも関わらず、非常に暑い実技訓練になりました。

講習 (展望台 百間岩)

座学講習

鹿嶋神社の境内を少し登った展望台で、山と渓谷社の「縦走登山」を使って、「岩場の歩き方」を講習。講師の説明が学校の先生のように見事で、わかりやすかった。

別資料で、事故をおこさないために(不安な気持ちを支えてくれる精神安定剤としての)「ロープの結び方、使い方」を簡単に説明。

百間岩での歩行訓練

ザックを置いて空荷で急な岩壁を登ります。先導者の後に続いて(岩の凹凸を探しながら)、岩肌に靴のグリップを効かせ、体を鉛直にして登ります。登りは比較的簡単に登れます。

しかし、下り斜面は上り斜面よりきつく感じられ、初めは足が竦みなかなか鉛直に立てません(ヘッピリ腰になってしまいます)。でも下部になると慣れてきます。

次にザックを背負い百間岩を登ります。ザックを背負うと少し感じも変わり、きっと下りだと一層恐怖心が増すのだろうなあ。

ロープワークの訓練

百間岩の少し先の鉄塔付近の斜面に移動。

各班ごとに分かれ、シュリンゲを使った「簡易チェストハーネス」、安全確保の基本である「エイトノット」「プルージック」を個別に伝授。

その後、プルージックを使ったトラバース、斜面下降を実演指導。しかし、実演中にトラブルが‼️

今回の教室での最大の教訓は、岩場では、必ずヘツメットを着用することです。

それと、神社の背山(神域)を山行するときは、神社の本殿を素通りすることなく、無事下山の安全祈願のお参りをすることかな(笑)

実技講習終了後、鉄塔付近で各班に分かれて、昼食です。

高御位山山頂を目指して

昼食を済ませ、講習で習ったことに留意しながら、高御位山山頂を目指して、岩場の尾根を登ったり降ったりします。

熱中症には要注意

高御位山の尾根は、木陰がほとんどなく太陽が照らし、しかも岩に太陽熱が照り返します。そよ風が吹けば、立ち止まって熱くなった体を冷やし、また、登り坂を上りきると、立ち休憩をして細目に水分補給を行います。

それでも、3名程が、初期の熱中症状を自覚したので、木陰に残ってもらい、しばらく安静にして体を冷ましてもらいました。

このように自分の体調の変化を自覚し、無理をせず休憩をとることが大事です。

それにしても、5月下旬にも関わらず、恐るべし高御位山。(夏場は登れませんね)

高御位山山頂(高御位山神社)にようやく到着。眼下に高砂の市街地や瀬戸内海も見渡せる絶景が。
神社の軒先を借りて後続の班を待ちます。長め(眺め)の休憩です。

馬の背 (鹿嶋神社へ下山)

高御位山山頂で折り返し、登ってきた尾根を下ります。熱中症対応で木陰で休養してた人も無事合流しました。さらに進み、途中の分岐で鹿嶋神社を目指して馬の背を下ります。

馬の背は、百間岩ほどの傾斜ではありませんが、岩場の尾根(切り立った尾根ではありません)を真っ直ぐに下ります。

疲れ切った体、特に膝には応えます。 下山時の事故には要注意‼️

喉がカラカラになって、鹿嶋神社駐車場に無事到着。

帰宅後のビール🍺が旨い‼️

第2回夏山登山教室の参加者

みなさん、ご苦労さまです。

写真は、百間岩での集合写真です。なので、まだみんな元気な顔してますね。

次回の夏山登山教室は、5月29日(日)芦屋市荒地山で、「難所歩行、地図読み」です。次もがんばりましょう‼️

1班2班3班
4班5班??覆面美女たち

クライミング技術向上②(北区 妙号岩)

5月8日(日)晴れ

コースタイム:9:00神鉄鈴蘭台駅~9:30妙号岩(クライミング)11:55昼食12:20~15:00~15:40コーヒータイム16:05~16:30神鉄鈴蘭台駅

参加者 男性2名 女性5名

今回はまず前回教わったエイトノットの結び方の復習。色違いのロープでの結ぶのでより丁寧に確実なエイトノットを結ぶ事ができました。(大事な基本です)

午前中はエイトノットの復習とクライミングを楽しみました。

お昼からはランニングビレイに懸垂下降。

より安全で楽しいクライミンとなるように手がかり、足がかりを確認しトラバースで体重移動の練習をして岩を楽しむなど濃密な講習会となりました。

懸垂下降では確保器とエイト環との2種類での下降を楽しみました。

クライミング技術向上①(北区妙号岩)

日 程:令和4年5月5日(祝)晴れ

コースタイム:神鉄鈴蘭台駅9:00~9:20妙号岩登山口(講習)10:00~10:05妙号岩(実技講習・昼食)15:00~15:20親水公園(休憩)16:00~16:10神鉄鈴蘭台駅

参加者:男性4名、女性6名 計10名

北区石井ダムの妙号岩で、初級トップロープクライミング講習会クライミングは全く初めての会員も参加しています。

まず、妙号岩登り口で、クライミングの基礎知識や三点支持などの講習です。

妙号岩での実技講習では、岩壁の窪みや割目に手足を確保して登り、下りはロワーダウン。いずれも初めての技術ばかりで、怖くて悪戦苦闘。しかし、講習修了時には、登り降りができるようになり大満足です。

妙号岩登り口(クライミングの基礎知識)

資料を使って、クライミングの基礎知識を勉強。岩登りの注意事項とマナー、装備、三点支持、8の字結び など

はじめてクライミングシューズを履いて、道路擁壁でのトラバース体験。進行方向の足腰に体重を荷重して平行移動。シューズがきつくて指先が痛い。これでジャストサイズなの?

妙号岩(実技講習)

 妙号岩は、高さ55mの岩壁で、「南無阿弥陀仏」の妙号が1.2m各の大きさで彫られています。約150年程前に旅人の安全を祈った僧が彫ったそうです。

この岩壁を登るとバチが当たりますよ(実技指導はこの隣の岩壁です)😅

まず、リーダーのちー坊が、トップロープを張りに、岩壁をスイスイ登っていきます。手懸かり足懸かりもないのに何で登れるの??でもトップロープのおかげで、後の人は安全に登り降りできます。

トップロープを3本張り、3か所に分かれて実技指導(マンツーマン指導です)。いつもは他グループもこの岩壁で訓練していますが、今日は当会が気兼ねなく独占使用です🥰

8の字結び。

クライミングで直接命に関わる最も重要な基本的技術の一つです。

うまくハーネスに結べません。

でも先輩が根気強く笑顔で教えてくれます。

「ビレイ」とは、ロープクライミングするクライマーの安全確保のことです。またその安全確保する人のことを「ビレイヤー」と呼びます。このビレイヤーがクライマーの安全確保と実技指導を行います。

岩の窪み、割れ目など手懸かり、足懸かりを探しますが、なかなか見つからず立ち往生。 しかも怖くてどうしてもカニのように岩壁にへばりついてしまいます。 さらに片足に全荷重して立ち上がることが上手くできず、ついつい腕で登ってしまいます。

ロワーダウン。

体をロープに預け、へっぴり腰にならないように足裏全体で岩壁を踏ん張り降下します。
でも、怖くて怖くて始めの1歩がなかなか踏みだせません。

何度か繰り返すと上手く下降できるようになりました。

講習も無事終了し、笑顔の記念撮影。

妙号岩を下山後、親水公園でコーヒータイム。

皆、充実した講習に大満足です。
5月8日のpart②も頑張ります。

雪山登山教室(実技山行)比良・堂満岳

2022年2月27日(日)雲時々晴

参加者:男性4人女性1人

コースタイム: 8:58比良駅9:05〜10:00登山口〜10:35ノタノホリ〜11:45(昼食) 12:05実技訓練 :弱層テスト〜堂満東稜道 13:10実技訓練:埋没体験 折り返し〜15:20ノタノホリ〜15:56登山口〜16:35 比良駅=神戸

  

雪山登山教室 本来なら今日が2回目のテント泊で修了山行の予定でしたが、感染リスク考慮して日帰りの実技山行となりました。 それもあえてピークを目指さず実技中心の真面目すぎる山行。

ノタノホリに行くまでは雪もほとんどなく、元気もやる気も全部吸い取られるような酷い泥んこ道もあり、やれやれ…でしたが、ノタノホリから上部はちゃんと雪が積もっていました。

堂満岳を目指して出発‼️
でも雪がない😖
泥んこの登り道😤を抜けると
水面の凍った池畔で一休み
(ノタノホリ)

アイゼン装着そしてビーコンセット。
風が強く霙まじりの雨や雪が降ったり、急に晴れたり、安定しないお天気で身体が冷えました。

ビーコン装着
 ビーコンの説明を受けてます。

パーティ全員がビーコンのスイッチを入れる。もしパーティの誰かが雪崩に埋まってしまった場合、捜索者となるメンバーのビーコンを「発信」から「受信」に切り替える。
埋没者のビーコンが「発信」している電波を、捜索者が「受信」することで、埋没者を発見する。              

ラッセル訓練

深雪の場合、体の前の雪をピッケルやストックでかき落としながら押しつけ、ひざが上がる位置まで固める。さらにひざを使って上から押さえて踏み固めてから、ようやく足をのせて一歩ずつ前進する。とても疲れます🥵         
弱層テスト
雪崩が起こりやすい状況にあるかどうかを判断するテスト              
はっきりと雪の層が見えてます。
簡単にずれるような弱層があれば危険‼️
埋没体験

雪に埋まる。
上から乗ったり、叩いたり、
ゾンデ棒で突いたり…

堂満岳の山頂が先にみえましたが、今日は真面目すぎる実技山行なので途中引き返し。次は山頂から琵琶湖を是非望みたい💕

晴れ間も出て
樹々の間から琵琶湖と市街が見えます。
実技訓練終了
フカフカの雪道を下っていきます。
あー疲れた😓
帰ったらビールだ🍺

雪山ハイキング教室(補習修了山行)比良・権現山~打見山

2022年2月23日(祝・水)曇り

参加者:男性4人、女性7人

コースタイム:
タクシー下車地9:20~9:37霊仙山登山口9:47~10:47ズコノバン10:53~11:49権現山(昼食)12:36~13:09ホッケ山13:21~13:58小女郎峠14:03~14:53蓬莱山15:02~15:24打見山16:01

 JR堅田駅からタクシー3台に分乗し、霊仙山登山口へ向かうが、路面凍結のため登山口手前で下車し、アイゼンを装着して登山口まで約20分歩く。
 登山口からはトレースのある緩やかな雪道が続く。ところどころ踏み抜いた穴もあったが、フラットフィッティングで慎重にズコノバンに向かう。

雪はいっぱい!どんな山行になるのか楽しみだ(霊仙山登山口)
急斜面の雪(雪庇)が落ちてきそうだ
雪庇の先の氷柱

ズコノバンで水分補給休憩を行う。権現山から下山してくる登山者に山頂付近の雪の状態を確認すると、雪はたっぷりあるとのこと。

ズコノバンから権現山までは、樹林帯の急な斜面が続く。キックステップで足場を固めながら登っていく。


ようやく空が広がり権現山頂上に皆元気に到着。
山頂は風もなく穏やかで昼食休憩と記念撮影会 です。

足場を固めて雪斜面を登る
昼食を終え全員集合(権現山頂上)
眼下に広がる琵琶湖、絶景だ(権現山頂上)
記念撮影に割り込む
アイゼン装着

 権現山から先は、稜線に沿って蓬莱山を目指すことになるが、今日の登山者の多くは権現山から引き返しているようで、しっかりしたトレースがない。このためワカンを持参した人が先行してトレースをつくって足場を固め、そのあとをアイゼン組が続く。フワフワした雪道の樹林帯の尾根筋を抜けると、ホッケ山の登り斜面を登る。

薄っすらトレース

樹々の間から琵琶湖が見える
一瞬の晴れ間
かすむホッケ山頂上
あの斜面を登るのか
寒そう‼

 ホッケ山の頂上は、見晴らしの良い所だが、ガスで眺望が悪く、かすかに蓬莱山が見えるだけ。しかも風が強くなって寒いので、先を急ぐ。
 ホッケ山からは、トレースがますますなくなり、進む方向ははっきりしていてもどこを通ればいいのか分からない。雪に陥没しそうにないルートを探しながら、なんとか小女郎峠に到着。

風で凍える(ホッケ山頂上)
蓬莱山までまだまだ遠いな

 小女郎峠からは、蓬莱山につながる雪原が広がる。時々日差しが差し込み、雪原が真っ白に輝き、気持ちも軽くなる。びわ湖バレーからのスノーハイクの人たちのつくったトレースを辿りながら蓬莱山頂上(スキー場)に到着。
 スキー場コースの端を通り(もう一本外側のロープの端を通れとスキー場の監視員に怒られましたが)打見山山頂(ゴンドラ乗り場)に全員無事到着。
 下山は、ゴンドラとバスで、JR志賀に到着。  

スノーシュー女子に撮影してもらう
(小女郎峠)
小雪舞う樹氷の中を歩く
蓬莱山に到着
赤いロープを超えるとスキー場
雲で琵琶湖が隠れる
スキーヤーの邪魔をしないように下山
(びわ湖バレースキー場 内)

綺麗な樹氷を背に記念撮影
(ゴンドラ山頂駅付近)
一瞬の日差しに蓬莱山を振り返る
(ゴンドラ山頂駅付近)

 今回の山行は、距離・難易度ともハイキングのレベルをはるかに超え、雪山初心者にとって大変な山行だったにちがいない。でもフカフカな雪道、眼下に広がる琵琶湖、日差しに輝く雪原、樹氷など雪山の魅力を感じて、満足してもらえたのでは。