2016年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カタツムリ公式ツイッター

  • Twitter

連絡先

神戸市兵庫区新開地4丁目 1-13-203豊孝ビル ℡・FAX 078-361-3191(非常勤)

ようこそ!

六甲あちぼちハイク 有馬富士
六甲あちぼちハイク 有馬富士
Posted 4日 ago

8月25日(木)  晴れ

参加者  男性2名 女性6名

新三田10:40  福島大池茅葺民家11:20~11:45 登山口11:50 山頂12:33~12:56―――新三田14:20

毎日の晴天で暑い。それでも新三田駅に着いた時はにわか雨だったがすぐ上がる。

福島池も水が少ない。茅葺の所にトイレもあるので、そこで休憩、冷たいもの出る。

山の裾をぐるっと回って,急登で有馬富士の山頂に着く。山頂で昼食をとっていると、メンバーの一人に家からの電話で急いで帰る事情が発生し、皆も帰途に就く。三田といえども暑い1日だった。

六甲あちぼちハイク 有馬富士
蔵王・鳥海山・月山
蔵王山
Posted 4日 ago

8月19日~21日  参加者:男1、女1 計2名

コースタイム 8月19日(晴れ) 東梅田20:20(近鉄バス)

8月20日(雨)JR山形=蔵王温泉=ロープウエイ鳥兜駅10:00~片貝沼10:23~山頂駅11:30~地蔵山11:45~熊野岳12:30~いろは沼14:14~ロープウエイ山麓駅14:45~蔵王温泉15:00

台風に邪魔された山行になってしまった。蔵王山だけは台風が来る前だったので何とか登れたが下山するまでズゥーと雨だった。特に熊野岳山頂では風も強く体が飛ばされそうだった。吹き付ける風で雨が霙のように痛かった。それでも何とか熊野岳山頂について避難小屋に走りこんだ。お鉢に行くのはやめてイロハ沼から下山。計画では鳥海山・月山と行く予定だったが、まあ1座だけでも登れたのであとの2座は宿題として7日間の予定を大幅に切り上げて21日帰神した。

    

播州・小田原川本谷 沢登り
播州・小田原川本谷 沢登り
Posted 7日 ago

2016年8月21日(日)晴れ 参加者 男性2名女性2名

コースタイム・9:15峰山登山口 準備・体操~9:37沢登り開始~11:10休憩~12:35 2条3mの滝 昼食~14:00黒岩の滝上~14:37水止堰堤~15:00下山開始(林道)~16:10登山口

 

     登山口まで車で移動だったので楽をさせてもらいました。ここからは気を引き締めて…ハーネス良し!シュリンゲ良し!カラビナ良し!ヘルメット良し!出発進行!下流で水量を見た時には「水少ないみたい~」なんて偉そうに言ってましたが入水して歩き始めると流れの水圧の強さに足元フラフラ。水量が多かったらどうなってたのか?想像しただけで青ざめそう^^;

腹が減っては戦はできぬ…のでお昼ごはん(^^)しっかり食べたらザックは軽くなったけど身体が重くなりました^^;リーダーに行程を確認してもらって後半戦開始!途中で高低差のある箇所ではテープシュリンゲを活用したりメンバーの肩を使って段差を登ったり…より安全に確実に登る事も学習しました。黒岩の滝ではロープで確保してもらって登る事になりましたがロープワークはなかなか身につかず…ここで二度三度学習。ホントに帰って復習します!たくさんの滝を登り終えて堰堤に到着!温かいコーヒーと甘いもので一息ついて下山開始。林道が結構続き打ち身だらけの脚には堪えました。

天気にも恵まれてコースも楽しく今シーズン2度目の沢登りは大満足でした。帰りのお風呂も気持ちよかった\(^o^)/次回はノルウェーの森散策もしたいな♡

 

 

 

 

南八ヶ岳
南八ヶ岳
Posted 2週 ago

日時:8月13日(土)~8月15日(月) 参加者:男3名 女3名   計6名

コースタイム:

8月13日 :移動日 新大阪9:03=塩尻12:08=美濃戸口~美濃戸山荘14:25

8月14日 :美濃山荘5:30~赤岳鉱泉7:13~赤岩の頭9:06~硫黄岳9:45~横岳11:32~赤岳頂上山荘13:25

8月15日 :頂上山荘6:00~赤岳山頂6:03~行者小屋7:53~美濃戸口10:36=八ヶ岳温泉=茅野16:08=名古屋19:14=新大阪20:06

八ヶ岳蓮峰で日本百名山の一つ岩峰の赤岳を目指す山旅だ。

北沢の心地よい水音を聞きながら針葉樹の樹林帯を抜けると赤岩の頭に出た。

ここからの360度の眺望はとにかくすばらしかった。硫黄岳、横岳、赤岳、阿弥陀岳そして稜線を歩く登山者までがくっきりと見えた。反対側の雲間に北アルプスの名峰槍ヶ岳までも望めた。硫黄岳までは溶岩のガラ場を登る。高山植物の女王コマクサとその間を一羽の イワヒバリが遊んでいる姿が目を休ませてくれた。

硫黄岳からは幾つもの鎖と金梯子の岩陵越えだ。特に横岳尾根はやせ尾根でかにの横ばいのような鎖場もありで緊張の連続だった。

 赤岩の頭から望む赤岳
 赤岳山頂直下の鎖場
 赤岳鉱泉から望む硫黄岳

横岳への稜線

 
 
 
 

 横岳山頂にて
 赤岩の頭にて

コマクサの花

 トウヤクリンドウ

宿で雲海の向こうに富士山を見ながらの朝食はさながら雲の上で食べている気分だった。

赤岳頂上山荘から見たご来光も赤岳山頂から見えた富士山も忘れられない景色だ。下りも行者小屋までは急な鎖や梯子の下りやらで気の抜けないスタートだったがいろいろと変化のある山道で大いに楽しめた。

 山頂荘からのご来光
 富士山
 雲海の向こうに望む昨日登った山々

北ア・弓折岳
北ア・弓折岳(スケッチ山行)
Posted 2週 ago

2016年8月2~4日   参加者  女性4名

コースタイム:8/3わさび平小屋6:10~小池新道6:50~秩父沢7:55~イタドリヶ原9:00~鏡平山荘(泊)11:00

8/4鏡平山荘5:15~シシウドヶ原6:30~秩父小沢8:00~小池新道~わさび平小屋9:45~ゲート11:00~中崎山荘(温泉)

 

1日目、生憎の雷雨に見舞われわさび平小屋に到着、鏡平、弓折岳に心がはせる。

2日目、早朝からガスがかかっていてひんやりとしていました。いざ出発、岩の階段が印象的で登りかなり苦戦しました。鏡平山荘に入り、鏡池に行ったが生憎の天気で湖面には、何も映し出されていませんでした。残念ながら、弓折岳の山行は断念しました。3日目の朝は晴れて周りの素晴らしい景色を見ることが出来ました。遠くに槍ヶ岳や穂高連邦の雄姿が見えて大満足でした。

鏡池に戻るとこれまた素晴らしい湖面の芸術が見られました。

 わさび平小屋
左俣林道
 シシウドが原にて
 鏡池のテラスで

 
 
 
 

 ガスの中を登る
 シシウドが原
 鏡平山荘
 遠くに槍ヶ岳

 
 
 
 

湖面に映る槍ヶ岳

 周りの山々

 
 
 
 

ミヤマアキノキリンソウ
 ゴゼンタチバナ
 ミヤマリンドウ
 シシウド

 

 カニコウモリ

PreviousNext