2022年11月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カタツムリ公式ツイッター

  • Twitter

連絡先

神戸市兵庫区新開地4丁目
1-13-203豊孝ビル

ようこそ!

%e5%8b%9f%e9%9b%86%e5%95%8f%e5%90%88%e3%81%9b

賤ヶ岳バスハイク(滋賀県)
賤ヶ岳バスハイク(滋賀県)
Posted 5日 ago

2022年11月20日(日)   曇り

参加者  男9名 女 24名  計 33名

コースタイム  神戸8:00=バス=10:30賤ヶ岳登山口10:50~11:40賤ヶ岳(昼食他)13:00~13:45大岩山~14:25江土登山口14:40=バス18:30神戸

若干天気が心配された中、総勢33名で賤ヶ岳に行ってきました。バスの中では、賤ヶ岳の合戦の詳しい説明もあり、歴史の勉強も兼ねたハイキングでした。

賤ヶ岳山頂での集合写真

班毎に準備体操駐車場横から登山開始

3班はリフトで山頂に1,2,4,5班は登山道で

途中の古戦場標識2ヶ所、登山道とリフトが交差

ここにも古戦場標識リフトの降り場

眼下の琵琶湖が絶景(1班)2班

琵琶湖が絶景。竹生島も綺麗に見える

頂上では、賤が岳の合戦の解説を聞く

集合写真1班

2班3班

4班5班

食事の後は、フルートの演奏琵琶湖周航の歌、今月の歌(ああ人生に涙あり。水戸黄門の主題歌)を合唱

(涙のあとには)虹も出る余呉湖にも虹が映る

紅葉の中、下山開始道が少しぬかるんでいた

猿が馬場首洗いの池

中川清秀の墓へ

賤ヶ岳バスハイク(滋賀県)
有馬富士で紅葉と山ご飯を楽しむ
有馬富士で紅葉と山ご飯を楽しむ
Posted 6日 ago

2022年11月15日(火)晴れ

参加者:男1名 女4名

コースタイム:有馬富士第一駐車場10:00~11:03有馬富士山頂~12:24福島大池横の階段~山ご飯~14:30駐車場解散

今日は日本一の富士山の十分の一くらいの低く~い富士山で山ご飯を楽しみました。低くてもおらが町の富士山は山容が美しい形の立派な三角錐です。

青い空に三角形の富士山・池に映る逆さ富士もクッキリと

真っ赤な紅葉と可愛い富士山をバックにシュッパ~ツ!

バラのようなサザンカの花

低山と侮るなかれ!名前はわんぱく砦でも結構な岩場が待っていました。わんぱく大人には大いに楽しめましたよ。

眼下には三田の町並み。遥か向こうに六甲山系が。

山登りの後はちょっぴりお腹がすきました。お待ちかねのランチ作りです。それぞれが好みの食材で好みのランチを。

天ぷら入りの鍋焼きうどん月見うどん

トマトリゾットカルボナーラとサラダ

富士山にもおすそ分けコーンスープも付け足して

カルボナーラランチ¥1350也私のうどん、熱々で美味し~いです

かやぶき民家には干し柿が何連もつるしてありました。

紅葉真っ只中というにはちょっと遅かったけれど晩秋の陽射しの中、穏やかな山を満喫し心も体もほっこりした一日でした。

有馬富士で紅葉と山ご飯を楽しむ
お試しハイキング(下見)
お試しハイキング(下見)
Posted 6日 ago

2022年11月18日(金)

参加者:男性1名  女性2名   計3名

コース:新神戸8:50~10:10大瀧寺~10:30再度山~10:40修ケ原12:15~13:30諏訪山公園

下見と称して修ケ原の紅葉見物に出かけました。

修ケ原の紅葉です。

もみじが黄と朱のものが入交り見ごろでした。

紅葉の下での山ごはんです。ごはんは固形燃料で炊き上げ、その間にすき焼きの完成です。手際良いことです。

おいしそうですね。同行の仲間です。

お試しハイキング(下見)
比良・蛇谷ヶ峰(滋賀県)
比良・蛇谷ヶ峰(滋賀県)
Posted 1週間 ago

11月16日(水) 雨のち晴れ

参加者  男 3名  女 9名   合計 12名

コースタイム  三宮7:20=近江高島=畑バス亭9:40~10:40横谷峠~11:05荒谷峠~11:30滝谷ノ頭~12:35蛇谷ヶ峰~14:40朽木てんくう温泉16:00=朽木支所=安曇川17:15=18:52三宮

比良山の紅葉と琵琶湖の眺めを楽しみ、併せて冬山ハイキングの下見を兼ねて蛇谷ヶ峰に行ってきました。駅から登山口までのバスに乗っている時、大雨が降り出し、車の中でレインなどを準備開始。バス停(登山口)でレインのズボンなど準備完了したら雨は止み青空が出てきた。暑いけど、そのままの体制でスタート

バスの運転手に撮影をお願い雨上がりの中スタート

棚田が続く。日本の原風景雨上がりで滑りやすい登山道

紅葉が綺麗雨上がりで落ち葉も鮮やか

横谷峠に到着。ルートを確認。落ち葉で登山道がわかりにくい。

道を確認しながら慎重にイワカガミの群生があれば昼食時間

落ち葉の中での昼食巨大なスズメバチの巣発見

蛇谷ヶ峰に到着

山座同定こちらも山座同定

琵琶湖を見下ろしながら下山

滑りやすいので、慎重に・・・

ロープワークの練習ももう一人前の登山家気分

紅葉に同化したメンバー

紅葉の中下山し、”てんくう温泉”を目指す。お疲れ様でした。

比良・蛇谷ヶ峰(滋賀県)
雪彦山(地蔵岳)岩登り
雪彦山(地蔵岳)岩登り
Posted 2週間 ago

日時:令和4年11月9日(水) 快晴

参加者:男性3名 女性5名

コースタイム: 9:20夢前町坂根登山口9:40~出雲岩~11:20大天井岳12:20~13:10地蔵岳14:00~虹滝~15:05坂根登山口

雪彦山は夢前川の源流にあり、幾つかの岩峰の総称です。 古くから修験の山として知られ、新潟の弥彦山、福岡の英彦山とともに「日本の三彦山」の一つです。今回は、 最高峰の鉾立山や三角点のある三辻山 には行かず、坂根登山口から時計回りに大天井岳、地蔵岳、虹滝をめぐる周回コースを歩きました。圧巻だったのは大天井岳を過ぎてからのスリリングな岩壁下りと急峻な地蔵岳の岩登りでした。晴天の下、紅葉も綺麗でした。

神戸から車で1時間半ほどで登山口に到着。準備体操、チェストハーネスのワンポイントレッスンの後に、集合写真を撮って登山開始です。

坂根登山口ヘルメットも準備してさあ出発一番下の周回を回ります軽い足取りで登山開始のっけから急登が続きました 巨大な岩壁の出雲岩。大きな岩の欠片がが剥離して落下してます。(早く抜けた方がいいですよ)

登山開始から1時間余り。セリ岩から東方の播磨の山々を望む (右のピークは笠形山、左のピークは千ケ峰。たぶん。。。 )

メタボ診断用の隙間(セリ岩) 全員難なく(?)通過。さすが、メタボの人はいませんでした。 岩場が続きます

大天井岳(おおてんじょうだけ)に到着。近くにいた登山者に集合写真を撮ってもらいました。その後、素晴らしい景色を眺め、談笑しながら昼食。出発予定時間を10分オーバーしてしまいました。

大天井岳登頂。全員集合! 大天井岳から。気分爽快。

大天井岳から少し下ると、いよいよ岩場下りが始まります。垂直に近い岩場を鎖やロープを掴んでゆっくりと降りて行きます。途中から女性陣は迂回路を選択。男性2人は鎖を使って真っすぐ降りましたが、岩が濡れていると危険。下方には地蔵岳が見えてました。 (この時点では地蔵岳に登るか否か未定でした)

今回のメインイベント始まり ほぼ垂直の岩壁を一人ずつ慎重に降りて行きます 眼下には地蔵岳 よく見ると人が張り付いています。

女性陣は迂回路を下る岸壁を下ったこんな道標が実はう回路も大変

雪彦山(地蔵岳)岩登り
PreviousNext

山を一緒に歩いてみませんか

これから山歩きを始めたい方、六甲山以外の近くの山をもっと楽しみたい方、北アルプスなどの名峰に登ってみたい方、

そんな方に、会の計画している山行を紹介しますので、当会の会員と一緒にいろいろな山を楽しく歩いてみませんか。  初心者も大歓迎です。

山行予定の計画は、下記をクリックして、PDFファイルをダウンロードしてください。

ご興味のある方は、当会ホームページのお問い合わせ(下記アドレス)にアクセスし、ご連絡ください。 

http://kobekatatumuri.sakura.ne.jp/お問い合わせ/