2022年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カタツムリ公式ツイッター

  • Twitter

連絡先

神戸市兵庫区新開地4丁目
1-13-203豊孝ビル

ようこそ!

%e5%8b%9f%e9%9b%86%e5%95%8f%e5%90%88%e3%81%9b

夏山登山教室実技① 摩耶山
夏山登山教室実技① 摩耶山
Posted 2時間 ago

日 程:2022年5月15日(日) 晴れ

参加者:男13名、女27名、計40名(うち一般参加者:男2名、女6名、計8名)

コースタイム:新神戸駅9:00~9:10砂子橋広場(講習)9:45~(黒岩尾根)~13:20摩耶山掬星台(講習)13:50~(山寺尾根)~15:20護国神社(今後予定・解散)15:30

神戸カタツムリの会 恒例の夏山登山教室が始まります。
第1回目の実技講習は、「山での歩行技術、ザックの背負い方など」をテーマに摩耶山の黒岩尾根を登って、山寺尾根を降る少しハードなルートです。
初回の教室は、一般参加者8名を含め総勢40名が参加し、6班に分けて山行しました。
夏山登山教室実技は、全部で6回あり、今後もテーマを決めて、7月の修了山行を目指します。

〇 講 習

新神戸駅北の砂子橋広場で、山と渓谷社の「縦走登山」をテキストにして、まず、「歩行技術とパーティー行動とマナー」の講習です。日頃の反省点を踏まえた講師の説明に納得です🤔。

講習後に準備体操を行い、班ごとに順次出発‼️

摩耶山掬星台で、コーヒーブレークしながら、「ザックの背負い方」などの講習です。先輩のパッキングの工夫に感心🤗

〇 新神戸~布引~黒岩尾根出合

前日までの雨の影響で、布引の滝は水量が多く、また新緑に映えて壮観です😍。

雄 滝五本松かくれ滝

布引貯水池

満々と水を貯め、湖面が穏やかなので、新緑の樹々が湖面に映えます。

市が原周辺の登山道に沿って、ツルニチソウがたくさん咲いてます。

〇 黒岩尾根

きつくて長い登り階段・坂が続きます🥵。

黒岩尾根登山道では、薄紫のヤマツツジがたくさん咲いていましたが、時期が少し遅かったためみんな縮んでいました。でもこれはきれいに咲いてます。

黒岩尾根を登りきると、絶景が。この眺めをみると疲れが吹っ飛びます。ここで明石海峡を眺めながら昼食です。でも狭い登山道で場所の確保は大変です。

ここを過ぎると、なだらかなで広々とした気持ちの良い登山道が摩耶山頂まで続きます。

摩耶山への途中、深紅のヤマツツジが見事に咲いていました。前日の雨で、満開の花びらが落ちてしまいましたが、地面でも満開の花びらを咲かせてます。

〇 山寺尾根

掬星台からすぐに急な岩階段が始まります。これが膝に堪えます😫。足を滑らせたり、木の根を踏んだりしないように慎重に慎重に‼️

〇第1回教室参加者

みなさん、お疲れさまでした😊。次回、高御位山もがんばりましょう‼️

1 班(五本松堰堤にて)2 班(布引雄滝にて)3 班(布引雌滝にて)

4 班(摩耶山頂にて)5 班(摩耶山頂にて)6 班(摩耶山頂にて)

夏山登山教室実技① 摩耶山
渓流・滝めぐり
渓流・滝めぐり
Posted 4日 ago

六甲山系は急峻で普段水量は多くなく、また砂防堰堤が多数設置されていますが、それでも野趣あふれる素敵な渓流や滝もたくさんあります。
いずれも「近くにこんな風景があるなんて‼」と感動します。そのいくつかを紹介しますので、一度訪れてみてはどうでしょうか。

布引の滝

布引の滝は、中央区を流れる布引渓流(名水百選)にある雌滝(めんたき) 、鼓滝(つつみたき)、 夫婦滝(めおとだき) 、雄滝(おんたき) の4つの滝の総称です。

新神戸駅から遊歩道を徒歩10~20分ほど歩けば、すべての滝をみることができます。

布引の滝は、 平安時代の歌物語「伊勢物語」をはじめ、古くから宮廷貴族たちが和歌に詠むなど多くの紀行文や詩歌で紹介しており、 那智勝浦町の那智滝、日光市の華厳滝とともに三大神滝とされ、日本の滝百選にも選ばれています。

散策道には多数の歌碑もあります。歌碑を詠みながら散策してはどうでしょうか。

白布の流れ (雌滝)

撮影日)2021年8月27日撮影場所)雌滝展望所撮影者)chacha

瀑布雄滝

白布が岩壁を覆うように落ちていきます。

でも流れ落ちる水量は、上流の布引タムで調整してます😅

撮影日)2015年7月20日 撮影場所)雄滝展望所 撮影者)chacha

五本松かくれ滝

布引ダム(五本松堰堤)下の滝ですが、水量の多い時しか現れません。

撮影日)2022年5月13日 撮影場所)かくれ民滝前遊歩道 撮影者)chacha

逢山峡

北区下唐棺へ流れる奥山川の渓谷で、六甲山中の渓谷としては水量が多く、夏場は水遊びや沢登り、秋は渓谷沿いの緩やかな遊歩道で紅葉を楽しむこともできます。

神戸電鉄有馬口駅から逢山渓を経てシュラインロードで六甲山上に行くコースがお勧めです。

緑の清涼

神戸電鉄有馬口駅から田園風景の広がる下唐櫃の集落を歩き、東山橋を過ぎた付近から川筋は渓谷の雰囲気に変わります。遊歩道から渓谷に降りるとこんな風景が見られます。

撮影場所)東山橋付近 撮影日)2019年7月7日 撮影者)chacha

猪顔のゴルジュ

ゴルジュとは、切り立った大きな岩壁にはさまれた狭い谷のことです。 ゴルジュの奥の滝は、猪の顔に見えませんか😜

撮影場所)東山橋付近 撮影日)2019年7月7日 撮影者)chacha

滝の滑り台

滝の右側の岩壁を登って、滝口から滝壺へ水流滑り台を楽しめます。

撮影場所)猪鼻橋付近 撮影日)2020年6月28日 撮影者)chacha

西山谷

 灘区渦が森団地の奥から六甲ケーブル山上駅へのドライブウェイの天狗橋付近を遡上する谷で、野趣あふれる18か所の滝が連なります。

 西山谷登山道は上級者向けでなので、多数の通過や単独は避けて、経験のあるリーダー同行での少数遡上が望ましいです。

清涼 大滝

撮影場所)西山大滝…

渓流・滝めぐり
夙川・甲山 🌸花盛り
夙川・甲山 🌸花盛り
Posted 4日 ago

 阪急夙川駅を降車すると夙川河川敷公園。

満開の桜並木や川面の桜を満喫し、北山公園を登って甲山北山貯水池に向かいます。  北山貯水池では、満開の桜が広い敷地を埋め尽くし、夙川ほど桜見物の人も多くないので、のんびりと桜見物ができますよ。  帰路は甲山大師神呪寺(かんのうじ)、広田神社を経て、阪神西宮駅に下山 。

 撮影日)令和4年4月2日(土)  撮影場所)夙川河川敷~北山調整池 ~甲山大師神呪寺  撮影者)chacha

 

🌸 夙川河川敷

河床桜🌸

桜堤から河川敷に降り立ち桜並木を見上げながら歩くと、また一味ちがう味わいが

鏡 桜🌸

川面に映った桜並木も見事です。

🌸花 筏

川面に散った花びらが集まり、再び花を咲かせます。

🌸 北山貯水池

🌸流れ雲

北山貯水池の山腹に、桜が流れる雲のように咲いている。

流麗 枝垂れ桜🌸

大きな笠のような枝ぶりが見事。でもこの写真は昨年のものです。 (撮影日)令和3年3月27日

神呪寺山門前🌸

桜がやさしくお出迎え

夙川・甲山 🌸花盛り
あじさい 満開(神戸森林植物園)
あじさい 満開(神戸森林植物園)
Posted 4日 ago

神戸市の市花 「あじさい」。
初夏、六甲山系の登山道を歩いていると、とこででもあじさいに出会えます。
神戸森林植物園の「あじさい園」では、シチダンカをはじめコアジサイ、ヒメアジサイ等等が、「西洋あじさい園」「アナベルの丘」でもさまざまな種類のあじさいを楽しめます。
お勧めの山歩きは、往路は、新神戸駅からトエンティクロスを北上し、森林植物園東門分岐を左折して、植物園に入場(入場料大人300円、65歳以上の方無料)。長谷池を経て「あじさい園」に向かいます。
帰路は、森林植物園から地下鉄谷上へ向かう登山道がお勧めです。神戸電鉄北鈴蘭台行の無料送迎バスもあります。
山歩きして、森林植物園であじさいを楽しんでみてはどうでしょうか。
 
撮影場所)神戸森林植物園
撮影日)令和2年6月27日、令和3年6月13日
撮影者)chacha
 

あじさい園へ続く散策路

散策路沿いに、薄水色、白色、薄紅色などのあじさいが咲いています。

あじさい園

ヤマアジサイ

幻の花 シチダンカ

ガクアジサイ

シロアマチャ

あじさいの花言葉は「移り気、浮気、無常」です。この形には要注意?

西洋あじさい園

カシワバアジサイ

アナベルの丘

アナベルは、大型で球状のテマリ咲きのアジサイ。花言葉は「ひたむきな愛」。同じアジサイでも花言葉の意味は真逆(苦笑)

長谷池の風景

池には、この時期、睡蓮も満開です。

ハナショウブ

あじさい 満開(神戸森林植物園)
大御影山
大御影山
Posted 6日 ago

2022年5月8日(日)晴れ

参加者:男5名 女11名 計16名

コースタイム:ビラデスト今津10:00~12:00河内谷林道~13:12大御影山~14:08近江坂分岐~16:00ビラデスト今津

高島トレイルの大御影山へ行ってきました。3台の車に分乗し渋滞を懸念して朝7:30に神戸を出発。途中渋滞は全くなくほぼ予定通りに到着しました。駐車場のビラデスト今津がすでに標高550mなので400mほどで山頂へ。明るくなだらかな尾根道歩きは山道の両側に咲き誇る花々を愛でるのに十分に整備されていました。GW明けのためかハイカーも思ったより少なく静かな山と花を満喫した山行でした。

ビラデスト今津のここから登山口に向かいます

登山口・しばらくはゆったりした杉林の中を歩きます

山頂・展望が楽しめます

この日に出会った花々です

チゴユリエンレイソウ

ヒトリシズカイワナシ

ショウジョウバカマ&カタクリカタクリ

イワウチワ

イワカガミ群生するイワカガミ

シャクナゲ

シャクナゲ道シャッターを切る数も多くなります

ヤブデマリコバイケイソウ・見頃は7月

カタバミの蕾ミツバオウレン

ムラサキヤシオクロモジの花

アナコンダのようなブナの木ですこの木なんの木(?)もしかしたらサワフタギそれともズミかしら

沢山の花々、小さな池にはサンショウウオが数匹。散歩道のような杉林とブナ林はアップダウンも少なくみんな何度もシャッターを切ったり森林浴を楽しんだり。谷に残る雪の上を渡ってきた風は冷気を帯びていて少し肌寒いくらいでした。

鈴鹿連山の向こうに白い雪を冠した白山

伊吹山琵琶湖越しに望む伊吹山

大御影山
PreviousNext

山を一緒に歩いてみませんか

これから山歩きを始めたい方、六甲山以外の近くの山をもっと楽しみたい方、北アルプスなどの名峰に登ってみたい方、

そんな方に、会の計画している山行を紹介しますので、当会の会員と一緒にいろいろな山を楽しく歩いてみませんか。  初心者も大歓迎です。

山行予定の計画は、下記をクリックして、PDFファイルをダウンロードしてください。

ご興味のある方は、当会ホームページのお問い合わせ(下記アドレス)にアクセスし、ご連絡ください。 

http://kobekatatumuri.sakura.ne.jp/お問い合わせ/