国見岳・御在所岳

2021年4月21日(水)快晴~4月22日(木)快晴

参加者:男3名 女5名 計8名

コースタイム:

4月21日:朝明ロッジ横登山口10 :40~11:55ハライド山頂~13:28きのこ岩~14:05国見岳~15:31根の平峠~16:40朝明ロッジ(泊)

4月22日:中登山口7:43~10:29御在所岳(昼食)~(一ノ谷新道)~13:10中登山口

国見岳

以前行った時に出会ったアカヤシオのトンネルをもう一度くぐって見たくて再訪、なのにヤシオ尾根にも蕾すら見当たらなくて殺風景なトンネルをくぐることになってしまった。明日登る御在所岳を横目に下山。

好天の下二日間の登山の始まりです

好天の下二日間の登山の始まりです

腰越峠に向かって

腰越峠に向かって

アカヤシオのトンネルのはずだったのですが

アカヤシオのトンネルのはずだったのですが

奇岩きのこ岩

奇岩きのこ岩

きのこ岩で

きのこ岩で

 RIMG6650[1]

皆様、後ろに見えるのが御在所岳で~す

皆様、後ろに見えるのが御在所岳で~す

岩壁

岩壁

明日登る御在所岳

明日登る御在所岳

国見岳

国見岳・花がないので看板も寂しそう

国見岳にて

国見岳にて

細い岩の間をやっとくぐります

細い岩の間をやっとくぐります

アカヤシオ

アカヤシオ

ショウジョウバカマ

ショウジョウバカマ

フデリンドウ

タテヤマリンドウ

イワカガミ

イワカガミ

御在所岳

中道登山道は花崗岩の石、岩、ザラの急登を登ると奇岩、珍岩ヶが続々現れた。2つの大岩が斜めに支え合って片方がもう一方を負んぶしているような負れ岩。2つの岩に挟まれた四角い岩が落ちないことから合格祈願とされている地蔵岩。そして極めつけは何本かの鎖が設置された岩場の急下りのキレット。足場はしっかりあるが十分な注意が必要だ。アルプス感いっぱいである。下山は一ノ谷新道、これがまた細い急下りで岩場、ザラ場、根っこの段々と最後まで気が抜けなかった<・・>。

二座目は御在所岳です

二座目は御在所岳です

負れ岩(おばれ岩)

負れ岩(おばれ岩)

五合目の展望台にて

五合目の展望台にて

地蔵岩・絶対落ちない合格祈願の岩

地蔵岩・絶対落ちない合格祈願の岩

八合目岩峰

八合目岩峰

アカヤシオの向こうにきのこ岩

アカヤシオの向こうにきのこ岩

キレット

キレットを大下り

またまた岩登り

またまた岩登り

御在所岳山頂

御在所岳山頂

 RIMG6702[1]

御嶽大権現

御嶽大権現

一ノ谷新道・結構きつい下りです

一ノ谷新道・結構きつい下りです

鷹見岩

鷹見岩

根っこ群

根っこ群

一の谷山荘に下山

一の谷山荘に下山

Comments are closed.